断捨離を成功させるために押さえておきたい3つのポイント(片付け)

断捨離
スポンサーリンク

断捨離をしていると、上手にしている人の真似をしてみても
なかなかうまくいかない時があります。

人それぞれ生活スタイルが違うからという理由もあります。

それ以外にも自分の生活や行動から
押さえておきたポイントがあります。

不要品を捨てた後、片付けをする時に押さえておきたいポイントを3つご紹介します。

ここが押さえられると断捨離後、散らかることは劇的に減りますので
断捨離後にまた散らかることが多いなと思った時にも参考にしてください。

スポンサーリンク

断捨離を成功させるために押さえておきたい3つのポイント(片付け)

やましたひでこさんのご著書を読んだり、
断捨離を成功させた人のブログや体験談を読んで
真似をしてみてもいまいちしっくりとこない場合があります。

断捨離をして目指す目標は
『自分や家族にとって過ごしやすい空間』を作ることだと思います。

そうなると、考えておきたいのは
自分たちのライフスタイルに合わせて断捨離をする必要があるということです。

物がぐっと減った後の片付けの時に気を付けておきたいポイントはこちらです。

自分が面倒くさいと思うこと

一度はすっきりとした部屋になってキレイになったはずなのに
また散らかってしまったり、リバウンドしてしまうことがあります。

片づけたはずなのにまた物が散らかってしまう原因の一つには

『面倒くさいポイント』が解消されてないのではないでしょうか。

物は出したら片づけるというのが当たり前ですが、
それができないのは、片づけることが面倒くさい場所だったりします。

よく使う物はワンアクションで出し入れできる場所が良いと言われています。

日常的に使うものなのに、棚の奥底に保管場所を作ってしまうと
出すのも面倒ですが、必要だから出します。

ですが、出すのが面倒だったから片づけるのも面倒になり
ぽいっとそこら辺に置いてしまうことがあります。

今は面倒くさいから後で片づけようと思ってしまったら
それが片づけた後にまた散らかってしまう原因の一つです。

その行動を分析するとすぐに分かると思います。

よく使う物なのに片づけるのが面倒くさいと思う場所に保管する物がある

これを解消したら一気に片付かない原因が減ります。

面倒だと思うポイントは他にもありますが、
人によって違うので、また散らかってしまうなと思った時には見直してみると良いでしょう。

散らかす家族の行動動線と心理

自分が気を付けていても家族が散らかしてしまうという場合もあります。

その場合も自分の面倒くさいと思うポイントと同じように
家族の行動している動線と心理を考えてみましょう。

多くの人が同じだと思いますが、
家は一番リラックスできる場所なので
帰宅すると気持ちが緩んでしまうものです。

会社や学校ではきちんとしていても
落ち着ける場所に帰ってきたことでほっとしてしまいます。

他者に厳しく言われる環境ではないため
ついうっかりと物を放置してしまうことが出てきます。

注意しても怒ってもなかなか聞き入れてもらえないのも家族の特徴です。

怒られても大丈夫という心理がはたらくのでしょう。

ですから怒っても一時的な解決にしかなりません。

家族がなぜ散らかしてしまうのか
行動から考えてみて、散らからない仕組みを作ってみましょう。

散らかってしまう物は本当はどこに置くべき物なのか
それが分かれば散らからなくなってきます。

上手くその仕組みを作ることができれば
いちいち注意する必要がなくなるのできっと楽になると思います。

入ってきた物の動き

断捨離では捨てることに注意が向きがちですが、
言葉どおり『断』も大事です。

不要なものを入ってこないようにする必要があります。
必要でない物、それほど欲しいと思ってないものをシャットダウンする習慣も
大事なので継続が必要です。

そして、入ってきた物がどのように動いているかチェックしてみましょう。

DMやカタログ、広告などたくさんの物が
自分が意図しなくても家の中には入ってきます。

その中から不要なものは早めに処分する必要があります。

必要なものと不要なものを入ってきたタイミングで分ける必要がありますが、
面倒だと思った時には、後回しにしてしまいがちですが、
できれば、郵便物など入ってきた時に不要なものはすぐに処分した方が後が楽になってきます。

片づけた後に、散らかるのは後から入ってきた物やよく動く物の影響が大きいのです。

自分や家族が持ち込む物も同じように
入ってきた時に、不要なものを早めに処分するだけでも
散らかる頻度は下がってきます。

ちょっと面倒だと思いますが、習慣にしてしまえば楽になることが分かります。

入ってきた必要な物はすぐに処理をしてしまいましょう。

提出が必要なものはすぐに準備します。

置く場所が必要なものは勝手に捨てられない適切な場所に保管します。

テーブルの上や共用スペースに必要な物を置きっぱなしにならないようにします。

ちょい置きはOKにしたとしても、その日のうちには処理しましょう。

すぐに片づけることが習慣になればすぐにした方が楽だということが分かります。

まとめて処理しようと思うと結構面倒なのでどんどん後回しになってしまいます。

最後に

断捨離して不要品を捨ててキレイにした部屋がまた散らかってしまう場合、
片づけ方にちょっと問題があるかもしれません。

また散らかるなと思ったら、散らかってしまう原因を突き止めて
その問題となるポイントを解消すれば、
一度断捨離してきれいにしているので、すぐにまたキレイな部屋にすることができます。

片付けは試行錯誤しながら、家族や自分たちが楽にできるような仕組みを作っていくことで
どんどん楽になってくるものです。

自分たちの生活スタイルに合った収納ができるようになってきたら
散らかることは減ってくるので、片付けも掃除もどんどん楽になります。

★関連記事★
断捨離はコツを覚えたら簡単にできます!

部屋はスッキリした収納が良い?見せる収納が使いやすい?どうしたら過ごしやすい?

片づけをしても収納が苦手でまたすぐに散らかってしまう時はどうする?

コメント

タイトルとURLをコピーしました