断捨離後はどう思う?やってみて良かったのか悪かったのか。

断捨離
スポンサーリンク

断捨離(だんしゃり)という片付けの方法が
有名になりたくさんの人が実際に断捨離をやってします。

実際に断捨離をやってみた後はどうなるのか気になりますよね。

やってみて良かったのか悪かったのか。

それから断捨離後は部屋はどうなったのか。

断捨離をしてみて良かったという声はたくさんありますが、
逆に思い切って挑戦した断捨離でもやったことを後悔する人もたくさんいるみたいなので
本当のところ、断捨離をするのが良いのか悪いのか
どちらの意見もまとめてみました。

チェック→→→断捨離を始めるならやり方とコツ、効果を知っておくと良いです。

スポンサーリンク

断捨離後はどう思う?やってみて良かったのか悪かったのか。

断捨離すると人生が激変するという話を聞いて
そんなにすごい効果が期待できるならと思い切って
断捨離をするという人もたくさんいます。

それほど効果があるものなのでしょうか?

断捨離をすることが本当に良いのか悪いのか
両方の視点から見てみたいと思います。

断捨離をしようかどうか悩んでいる人はまず
この両方の意見を知ってから実際にするかどうかを考えてみましょう。

断捨離をしてみて良かった

断捨離をすると良いことがたくさん起こるという情報がたくさんあります。
実際に、良いことがたくさんあったという人もいます。

断捨離をすることで驚くほどの効果はあるのでしょうか。

思い切って断捨離をして良かったという意見はこちら

部屋がきれいになった

片付けが苦手な人はたくさんの物を管理することが苦手という場合があります。
そのように片付けが苦手で部屋が散らかっていた人の場合は
管理する物が減ることでキレイな状態を維持できるようになることがあります。

それまでは物が多すぎて、自分が持っている物を把握できなかったから
上手く片付けができなかっただけで、物を減らすことで
自分のキャパに収まるようになったらキレイになった部屋を
キープすることができるようになります。

その場合、部屋がキレイになったことで
もう汚い部屋に戻りたくないと思い物を増やさずにキレイな状態を
維持することができるようになるのです。

思い切った断捨離を実践した結果、
今までは片付けができなかったのに、物が減ったことが
キレイな状態をキープできるようになる人が増えてます

片付けが楽になった

持っている物が少なくなることで片付け自体をあまりしなくてもよくなります。

そして、少し散らかっても
すぐに片づけることができるようになります。

片づけをするというのは結構面倒くさいので
後回しにしてしまいがちですが、少し片づけるだけでキレイになるようになれば
すぐに終わると思えることでマメに片づけができるようになのでしょう。

★関連記事★
断捨離効果はすごいって本当なの?実際にあった良い変化。

良いことがあった

人によって様々のようですが、
良いことがあったという人の話はよく聞きます。

それと同時に、『特に変化なし』ということもよく聞きます。

思い切った断捨離をしたけれども、日常生活には大きな変化は起きなかったという人も多いです。

では、断捨離をしたことを後悔したのかというと
そもそも断捨離の目的は部屋をキレイにすることだから、
部屋がきれいになったら目的達成なので良いという意見が多かったです。

確かに断捨離は片付けが楽になるためにスタートするという人も多いので
部屋がきれいになれば満足という意見も頷けますね。

断捨離をしてみて悪かったし、後悔した

逆に断捨離をしたことを後悔したという声も多いのです。
その理由は何でしょうか。

捨てた事を後悔した

捨てる判断を誤ってしまった。というのが
一番多い声だと思います。

思い切ってたくさんの物を処分したけれども
しばらく経ってから捨てた事を後悔してしまった物がある。

断捨離をしていると一時的に気持ちが高揚して
たくさんの物を捨てたくなる衝動に駆られることがあります。

断捨離をしている人の間では『捨てハイ』と言われていて
捨てるのが楽しくなってしまう状態のことです。

その状態になると何でもかんでも捨てなくなってしまいますので
思いでの品物や捨てたらまた買うことができないようなレアな物を
捨ててしまったことを後になってから『捨てなければ良かった』と思うことがあるのです。

捨てることに罪悪感がある人でも捨て始めると
ハイテンションになって、思い切って捨ててみようと思うのですが、
そういう時にはあまり思い出の物や今まで大切に取っておいた物を
整理するのは避けた方が無難です。

★関連記事★
断捨離の失敗談!次は成功させるために注意するポイント

体調が悪くなった

断捨離をして家全体の状態を良くしたはずなのに
体調を崩してしまったことがある。

コチラに関しては意見が分かれるところです。

・一気に断捨離した場合に捨てる判断をたくさんしたため普通の片付けよりも疲れてしまった

・一気に部屋全体をキレイにしたため、淀んでいた物が出るための好転反応

両方の意見があるみたいです。

ただ疲れてしまって一時的にダウンしただけなのか
家の淀みがなくなったので一時的な好転反応として出ただけ。

どちらも確証がないため、
判断に困る部分ではありますが、
断捨離そのものが及ぼしたものではないと思うというが個人的な意見です。

断捨離をして良いことがあったという話でも
たまたまタイミングが良かった、断捨離そのものが影響している訳ではないという
意見があると思うのですが、
それと同じように悪いことがあった場合も
断捨離が直接影響しているのではないと思っています。

断捨離という片づけ方法を実践した後のことが
全て断捨離から影響するとは考えにくいのではないかと思っています。

断捨離後に思うこと

断捨離をした後になって思うのは
家の中がキレイな状態であれば、やはり良いと思っています。

テレビ番組の撮影に関する話は有名ですが、
裕福な家庭を見た目で表す場合、物が少なくてスッキリした部屋にして
貧乏だったり荒んだ家庭を表す場合にはごちゃごちゃと物をたくさん配置するそうです。

そのように部屋がキレイであるということは
良いことにつながるというのは一般的には広く知れ渡った情報です。

ですから、部屋が綺麗になれば良いことがあるというのも
理屈としては通ります。

部屋が汚かったらよくないことばかり起こるのかというと
そうでもないと思っています。
(汚部屋少し手前くらいの部屋出身の私でも良いことはいろいろとありました)

ただ、自分が長い時間を過ごすなら
断捨離後の部屋の方が断然気分よく過ごせます。

同じ部屋にいるだけなのに、
断捨離後の部屋の方が居心地が良くて快適なんです。

インテリアを大きく変えなくても
部屋にある物が減って広く床が見えている状態というのは
とてもスッキリしてストレスが少ないように感じました。

一度、断捨離をして部屋をスッキリさせた後に
物が増えてきて散らかってきたなと気づいた時のストレスというか
気分の悪さは以前には感じたことがなかったように思います。

断捨離後の部屋の方が気分が良いので
物が増えてくると『断捨離したい』と思うほどです。

断捨離をすることで良いことや悪いことが起こるという話はよく聞きますが、
個人的にはそれよりも片づけをしてきれいな部屋にしたいと思うのであれば
ある程度のやり方をしっかりと学んだ上で『片付けの手段』として
断捨離という方法を取り入れいるという意識で良いのではないかと思っています。

住んでいる環境が大きく変われば
何かしらの変化はあるものだと思います。

大きな変化が起こったら怖いなと思う場合は、
少しずつ取り入れてみるというのも一つの方法ではないかと思っています。

★関連記事★
断捨離して本当に良かったと後になって気付いたこと

コメント

タイトルとURLをコピーしました