断捨離の失敗談!次は成功させるために注意するポイント

断捨離
スポンサーリンク

断捨離(だんしゃり)をやってみたけれども
思ったように進まなくて、うまくいかなかったり、
途中で挫折してしまうことがあります。

断捨離をやってみた結果の失敗談から
原因を追究して次こそは成功させたいと思いませんか?

私、個人が断捨離にチャレンジしたものの
最初はあまりうまくいかず
リバウンドをしたり、家族から否定されたり
家をきれいにしようと思って始めたのに
キレイになるどころか、家族とぎくしゃくしたり
物をたくさん捨てたはずなのにまたすぐに物だらけの部屋に
逆戻りしてしまうなんてことがありました。

それぞれ、原因と対策方法を考えてみました。

断捨離に失敗談から学び次に活かすための方法です。

チェック→→→断捨離を始めるならやり方とコツ、効果を知っておくと良いです。

スポンサーリンク

断捨離の失敗談!次は成功させるために注意するポイント

コツさえ掴めば誰もが取り組めるという『断捨離』ですが、
提唱者のやましたひでこさんの著書を読んだ勢いで
いきなり断捨離をスタートしてみました。

見事に大失敗しました。

大失敗かというと次につなげられたので
私は失敗だと思っていませんが、そこで終わりにしていたら失敗だったと思います。

思ったように進まなかったので、
失敗した理由とどうすれば良いのかをまとめてみました。

物が捨てられない

断捨離と言えば、『捨てる』ことに焦点が当てられることが多いですよね。
それほど『物を捨てる』ということが作業として必要になってきます。

不要な物、使ってないもの、壊れた物などとにかく
今の自分の生活に必要がないものを捨てまくるということが
スタート時点ですぐに必要な作業になります。

それが最初、できませんでした。

『物を捨てることに罪悪感』があったのです。

お金を出してせっかく買った物を使えなくなった訳ではないのに
どんどんと捨てるということに戸惑いました。

私の家族も物を溜め込むタイプなので
家の中にはとにかく物がたくさんありました。

必要な物が必要な時に出てこないということが
しょっちゅうあったにも関わらず、それは物が多いという理由ではなく
収納が良くないからだと思っては収納グッズを買ったりしていました。

買うことには戸惑いはないのに、いざ、捨てるとなると
何だか『もったいない』『捨てたら次に買えなかったら困る』という
心理が働いたのです。

物が多い家でしたが、ゴミは捨てていました。
そのため、すぐに捨てるものを選ぶことができませんでした。

『ちょっと高かったし、まだ使えるし、いつか使うかもしれないし』という
断捨離マインドとしてはダメだと思いながらも
長年の間にしっかりと身に付いた習慣や考えはなかなか変わりませんでした。

そこで意識を変えるために自分の思い込みを変えてみました。

捨てるのはもったいない→使わないものを置いておくのはもったいない

持っていても物がたくさん溢れている部屋から
必要な時には出せないし、物自体がたくさんあるから
自分の持ち物を全て把握している訳でもなかったので
あるのに活用できてないということがあったことを思い出しました。

意識を変えることで使わないもので部屋が占領されているのはもったいないと思うようになったのです。

家族からの妨害

部屋を片付けるとキレイになるので
普通は家族からも歓迎されるものだと思っていました。

ところが、大きな妨害行為に悩まされることになったのです。

私自身が捨てることに罪悪感があったのです。
その私が育った環境というのが『使えるのに捨てるなんてもったいない』でした。

私がいきなり大量に物を処分しだしたので驚いたようです。

そして、部屋を片付けるために物を捨てることに対して家族からクレームが入りました。

私が捨てようとした物の中には家族から買ってもらった物も含まれていたから
そのことが気に入らなかったようです。

なるべく家族からもらったものや買ってもらった物は外からすぐに
見えないようにゴミ袋に入れていたのですが、
少し見つかってしまったのです。

そしてゴミ袋を漁ってそこから物を元の場所に戻されました。

更には『人が買ってあげたものを使えるのに捨てるなんてもったいない』と
言われてしまったのです。

捨てる=悪という図式があったのかもしれません。

ゴミ収集日まで日にちがあるとすぐにゴミ袋を漁られてしまうように
なってしまったので、なるべく収集日の前日などにゴミ袋に入れて
見られないようにさっさと出すようにしました。

家族の物を勝手に捨てるということはやってはいけないと思っていたので
自分のものを処分していただけだったのですが、
それでも不快に思ったようです。

というわけで、今でもまだ捨てたいけれども捨ててないものは
家族に買ってもらった物ばかりです。

それは現在のところ、まだ保留状態です。

まさかの家族からのクレームに
正直なところ、心底驚いたのです。

それからは、家族からは買ってもらう事を遠慮するようにしています。

私が買った物を、私の判断で捨てることに対しての
クレームはなかったのでそこは徹底しています。

リバウンド

一番、乗り越えるのが難しかったのがコレです。
せっかく断捨離するために大量に物を処分して
ゴミ袋を何袋も出したはずなのに
数か月ほどでまた同じような部屋に戻ってしまうこと。

見事にリバウンドしたのです。

不要なものを大量に捨てて
一旦は、部屋の空気が変わるほどすっきりした部屋になって
この快適なくつろぎ空間を維持するぞと
決心するほどキレイになったはずなんですけど、
何度もリバウンドしたのです。

リバウンドした理由は
『捨てる』ことが断捨離の目的になっていたことと、
自分が欲しい収納スペースと、実際の持っている物の量が合ってないことだと思います。

自分のライフスタイルに合ってない状態を
作っていたので時間の経過とともにまた物が散らかってしまったり
すっきりしていたはずの空間に物があふれていたのです。

その理由が分かるまでは何度も繰り返しリバウンドしていたので
自分には断捨離はできないんだという残念な気持ちと
やればできるはずという前向きなポジティブな気持ちが
交互に出てきていたと思います。

そこを変えるには
自分のライフスタイルを考えること
必要なスペースを確保すること

この2点を重点的に見直しました。

捨てたことを後悔したものがある

断捨離に失敗したことがある人、
もう二度と断捨離はしないと思った人、

捨てた事を後悔したものがあるのではないでしょうか。

特に思い出の物にまつわる場合、
また同じものを買うことができません。

私自身も捨ててしまったことを後になって
『捨てるんじゃなかった~』と思いっきり後悔したことがあります。

一度、そう思ってしまうと
次に捨てる時は躊躇してしまいますよね。

もし、また同じように捨てた事を後悔したらイヤだなって思いますよね。

実際、捨ててしまったものがなくて困ったことはありませんでしたが、
精神的に『やってしまった』という意識が強く出てしまったため
大きく後悔してしまったのです。

その対策としては・・・
・思い出の物、再度買うことができない物などは捨てる時は注意する

私が捨ててしまって後悔したものは
どういうタイミングで処分したかというと
いわゆる『捨てハイ』になっている時に
気持ちが大きくなって捨ててしまったのです。

捨てハイとは、
断捨離をしている人は一度は経験あると思いますが、
ある程度物を捨てていくと、捨てるのが楽しくなってきて
他に捨てる物がないかと探し出しても捨てようとする状態のことです。

そのようにテンションが上がっている状態だと
普通の精神状態では捨てるという判断をしないものを
捨ててしまうことがあります。

そのため、思い出の物に手を付ける時は
捨てハイ状態ではない時に時間をしっかりと作って判断するのが良いと思います。

最後に

断捨離は上手にできるようになるとリバウンドしない片付けができる方法です。

私の場合は、本をさらっと読んだだけで
思いっきり物を捨てたくなりスタートしました。

ですが、断捨離に取り掛かる時は
片づけを始める場所やルールを決めてから作業に入った方が
失敗が少ないと思います。

今回は失敗談から成功させるために活かす方法をまとめました。

私個人では、見切り発車でスタートしてしまったがために
たくさんの失敗をしましたが、
最終的には部屋が散らかることはぐっと減りました。

今でもまだまだ自分のライフスタイルに合う部屋作りを楽しんでいます。

断捨離に終わりはありませんが、
汚部屋からは脱出できるというのは実感しています。

また、ゴミ袋いっぱい捨てる快感はぜひ味わってほしいものです。

★関連記事★
断捨離するなら物は売るより捨てる方が良いってなぜ?

断捨離をすることに家族が反対する場合はどうしたら良いの?

断捨離が進まない、片づけられない時どうしたら良い?

断捨離を成功させるために押さえておきたい3つのポイント(片付け)

断捨離したいけどまとまった時間がない人におすすめの片づけ方

断捨離後に『ちょい置きスペース』を作ってみました。

断捨離は短時間でスピーディに終わらせた方が良いの?

コメント

タイトルとURLをコピーしました