断捨離は短時間でスピーディに終わらせた方が良いの?

断捨離
スポンサーリンク

断捨離や片付けなどをする時には『時間をかけずに一気にスピードを上げた方が良い』という
話を聞いたことがありませんか?

その理由は、変化を体感することだと思っています。
一気に作業を進めることでビフォーアフターをしっかりと実感することができます。

アフターの気持ち良さを知ることで汚い部屋に戻したくないという気持ちを強く持つことができます。

断捨離は短時間で終わらせた方が良いという理由はこのためです。

ですが、誰にでも当てはまらないということを実感しました。

スポンサーリンク

断捨離は短時間でスピーディに終わらせた方が良いの?

断捨離に限らず片づけは一気に終わらせた方が良いという意見がとても多いです。
ダラダラとしているといつまでも終わりが見えないからという理由もあります。

実際に片づけを成功させている人の多くは
短時間で一気にキレイにする方法が良いと言うのですが、
実はこれは誰にでも当てはまる方法ではありません。

なぜならそれで失敗したのが私だからです。

失敗した理由と見つけた私なりのやり方をご紹介します。

断捨離を短時間で終わらせて後悔したこと

そもそも片付けや整理整頓が苦手な私はじっくりと片づけをしたいと思っていませんでした。
断捨離をしようと思ったのも一気に片づけてキレイな部屋を早く作りたかったからです。

衝動的に断捨離を始めて一気に片づけを終わらせようとした結果、
捨ててしまって後悔したものがたくさんありました。

その失敗した理由は
・断捨離ハイになってしまい、何もかも捨ててもいいんじゃないかと捨てまくった

これです。

断捨離の目的が『捨てる』ことにすり替わっていたのです。

断捨離の本当の目的がずれてしまったのです。
物をたくさん捨てることを目標にしてしまったのです。

目的がずれてしまったため、私は本来であれば捨てるのではなく
置いておくはずだったものまで一気に捨てまくってしまったのです。

一時的に部屋は物が少なくなってすっきりしたので
一見すると上手くいったように見えたのですが、
時間が経ってから猛烈に後悔するのでした。

捨てハイ状態になった時に、部屋の思い出系に手を付けてしまったので
本当に大量に捨てました。

思い出系の物は捨てたらもう二度と戻ってこない物なので
慎重にするべき場所だったのです。

私の目的がずれたためにそのタイミングで手を付けてしまったのです。

断捨離して部屋はキレイになったのに
心の中はスッキリしなかったのです。
つまり、失敗だったのです。

物が減ったのに、気持ちは晴れなかったからです。

断捨離を一気にやり過ぎて失敗した原因を追究

今まで片付けができなかった人でも断捨離に取り組むことで
部屋をキレイにすることができた人が多いと話題になりました。

そこで取り組んでみたものの、見事に失敗した私。

しばらくの間は落ち込んでいました。

私には片づけなんて向いてないんだと・・・。

時間が経って、やっと『失敗した原因を追究』してみようと思い
改め断捨離の本を読み返したり、断捨離ブログを読み漁りました。

そこで気付いたことが2つ

・目的が捨てるにすり替わっていたこと
・全てにおいてスピーディにやれば良いのではないこと

私が失敗した理由の一つに
断捨離の目的が物を捨てることだけになっていたことはすぐに分かりました。

目的がずれたため、捨てすぎて後悔したのです。

そしてもう一つがスピードでした。

スピードを上げて良いのは『キッチンや洋服』だったのです。

私が勢い余って突き進んでしまった『思い出系』は
スピーディにやると失敗することが多いということが分かりました。

私と同じように後になって捨てた事を後悔したというのは
その辺が多かったのです。

キッチン周辺は時間をかけずに一気にやってもスッキリできるし、
後悔することが少ない場所です。

食品などは消費期限もありますので『捨てる判断基準』が分かりやすく
あまり迷うことがありません。

次に洋服も同じです。

どれだけ気に入っていても洋服は保管しているだけでも傷んでいるものです。

久しぶりに出してみたら思ったほど素敵に着こなせなかったり
生地がくたっとなっていて残念だったという経験がある人も多いでしょう。

同じような流行がまた回ってくると言っても洋服やバッグなどは
ただ保管しているだけで傷んでしまいます。

そして、新しい洋服の方が気分が良いんです。

そのため、捨てた事を後悔しても新しく気に入るものが出てくる可能性が高いため
洋服も一気に断捨離しても問題がなさそうです。

そして、思い出のモノは代わりがないため後悔することが多いんです。

断捨離のスピードは場所や物によって考えるべき

あくまでも個人的な見解です。

断捨離のスピードについては
キッチン、水回り、洋服やバッグ、靴などは一気に進めた方が良いと思いました。

古いものを捨てることで余裕ができ、新しいものを買うチャンスと場所ができるのです。

ビフォーアフターもしっかりと実感できますし、
物を減らすことで散らかるスピードが落ちることは確かです。

ですが、『思い出のもの』『子どもの作品』のように
捨ててしまったら取り戻すことができない。代わりがない物については
少し時間をかけても良いというのが私の結論です。

究極に物を減らしたい人は
敢えて先にそういうものを全て捨てるという判断もアリだと思います。

ですが、そこまでの意思がない場合(←多くの人が当てはまるのではないでしょうか)
優先順位と一気に片づけて良い場所をあらかじめ決めてから
作業をする方が効率よくできると思います。

自分の生活スタイルに合った断捨離の段取り方法を見つけることが
上手く断捨離をするコツだと思います。

★関連記事★
断捨離の失敗談!次は成功させるために注意するポイント

コメント

タイトルとURLをコピーしました