断捨離はコツを覚えたら簡単にできます!

断捨離
スポンサーリンク

断捨離は誰でも簡単に取り組むことができる片づけ方法です。

ですが、やみくもに始めると失敗する可能性もあります。

失敗談をたくさん持っている私にも身に覚えがあります。
しかし、上手くコツを掴めば断捨離を簡単に続けることができます。

そこで、断捨離を成功させるコツを簡単にご紹介します。

チェック→→→断捨離を始めるならやり方とコツ、効果を知っておくと良いです。

スポンサーリンク

断捨離はコツを覚えたら簡単にできます!

家をキレイに片づけて快適でくつろげる空間にしたいと思った時に
取り入れる手段として『断捨離』を選ぶ人はとても多いです。

ブームになっていることもあり
やり方や続け方、上手く片づけるコツなど様々な情報があると思います。

私自身は断捨離を始めてから数年ほどは
部屋がキレイになったり、またリバウンドして汚くなったりを
繰り返していました。

足の踏み場がないほどの汚部屋になることはありませんでしたが、
それでも思ったよりもキレイな状態が続かないという期間が
結構長くありました。

そこで、自分の失敗談から対策とコツ、そしてどうやったら簡単にできるかまとめてみました。

目的をはっきりと決める

断捨離を失敗したことがある人(私です)は体験談として
持っていることが多いと思います。

断捨離というと『とにかく捨てる』というイメージが強いです。
それほど多くの物を処分することが作業のメインになってきます。

何となく断捨離をしたら部屋がキレイになるというような
漠然としたイメージを持って始めてしまうと
うっかりと本来の目的を見失ってしまう恐れがあります。

『捨てることが目的になってしまう』という失敗の原因です。

断捨離をしようと思う場合、
多くの場合は、家をキレイにしたいからだと思います。

物を減らしてすっきりとした清々しい空間を作りたいはず。

それなのに捨てることに意識が向いてしまうと
『捨てる』こと自体が目的となってしまって、本来の目的である
部屋をキレイにするというところから外れてしまいます。

そうなると完成形のイメージがないので
中途半端に物を捨てただけで終わってしまいます。

物を捨てただけで、部屋はキレイにはなりません。

ものすごくたくさんの物があった場合、
一時的にはキレイになりますが、どんな部屋にしたいかという
具体的なイメージがないとリバウンドしやすいと思います。

断捨離を始めようと思った時、
まずは『部屋の完成形をイメージ』しましょう。

完成形は続けていくうちに変化していくのもアリですが、
目的がきちんと決まっていることでぶれずにまっすぐ突き進むことができます。

100%完璧な完成形を考える必要はなく、今の時点での理想の部屋というのを決めておきましょう。

どんな部屋にするかという具体的なイメージがあれば、横道にそれにくく、
リバウンドしない部屋に近づくことができます。

断捨離のやり方と順番を決める

断捨離をスムーズに進めるためには、
やり方をきちんと押さえておくことと、順番を決めるのが大事です。

断捨離については一番確実なのは、
やはり『断捨離』の本を熟読することです。

ブログなどでも分かりますが、すぐに確認できるように
本が手元にあるのがやりやすいです。

確認したいことがある時にすぐに開いてチェックできる状況を準備しておくと良いでしょう。

次に、断捨離をする場所の順番を決めておきます。

失敗が少なく断捨離の意欲が下がらない順番を決める必要があります。

おススメの順番は
①キッチン
②リビングなどの共用空間
③クローゼット
④寝室や個人の部屋
⑤思い出の物

キッチン周辺は『捨てる』判断が比較的分かりやすく簡単に決めることができるので
一番最初にするのがおススメです。

冷蔵庫の中や食品は消費期限などでチェックして
期限が切れている場合は速やかにゴミ袋に入れることができます。

まずは『捨てる』ことに罪悪感を持たないように
捨てることに慣れるにもキッチン周辺が取り掛かりやすいです。

キッチンはほとんど毎日、使う場所なので
よく使う場所がキレイになると片づけをしようというモチベーション維持にも繋がります。

同様に家族なども一緒に使う場所を次に作業します。

家族の中に断捨離をすることに不快感を示す人がいる場合は、
順番を変えた方が良い場合と、押し切って進めた方が良い場合がありますが、
家族の性格や環境などに合わせてやってみましょう。

普段は奥さんがほとんど料理をしていて夫はほとんどキッチンを使わないという
場合などで、いきなり夫がキッチンを断捨離し始めた場合、奥さんは驚いてしまいます。

そのように自分に馴染みのない場所からのスタートはやめておいた方が無難です。

たいていの場合は、家族も家がキレイになったら喜んでくれると思います。

玄関やリビングなど家族にも目に留まる場所をキレイにすると
家族も片づけをしようかなと思ってくれるケースも多いです。

また家族が自発的に片づけをしようと思わなくても
物が少なくてキレイな空間が普通だと思うようになると
特に注意をしなくても自然とその空間を維持できるようになってきます。

例えば、ここには絶対に物を置かないという場所にしたい場合、
常日頃からその場所に物を置かないようにしますが、
それに家族も慣れてくると勝手に物を置くことが減ってくるのです。

断捨離!自分ルールを決める

断捨離をする時には家庭(自分)ルールをある程度決めてから作業しましょう。

・断捨離後の物の量を決める
・他人の所有物は勝手に捨てない
・ツラくなるほどは捨てない
・紙類は全捨て
・不要品の処理(フリマアプリに出品、リサイクルショップ持ち込み、知人に譲る)

ルールは断捨離を続けていく間にどんどん変化させていきますので
最初からガチガチに決めるのではなく、
自分が断捨離をしてツラくならない程度に考えておきます。

特に、断捨離をした後の部屋の配置やクローゼットの容量は
決めておくとスムーズに作業が進みます。

洋服の枚数で決めるというのも分かりやすくて良いです。

どうしても欲しい洋服を買い足す時は、古いものを1着処分してから買うというように
増えすぎないルールを決めましょう。

その枚数は少しゆるめに設定して、ほぼ実行できる枚数にしましょう。

やり過ぎはリバウンドの元になりますので、
最初から完璧にしようと思う必要はありません。

そして、ルールを決める場合、自分に関する物の場合は
簡単に決めることができますが、家族に強要はしないようにします。

自分自身がやろうと思って取り組むことはモチベーションが上がりますが、
誰かに強制されたことは不快に思うものです。

自分が良いと思ってすることが
必ずしも家族からも喜ばれるとは限りません。

特に断捨離の場合は、捨てることを『拒否』する人もいます。

イヤだと言っている人に強制的に断捨離をさせるのは
後でもめる原因になりますので、
家族に影響が出ない程度に始めるのが良いでしょう。

自分が断捨離をしていて、家族も興味を持ったり、
やってみようかなと思ったタイミングでやり方を教えるのがベストタイミングです。

最後に

断捨離を続けるための簡単なコツをまとめてみました。

たくさん失敗もしてきたのですが、
家はどんどんキレイになってきています。

まだまだ改良の余地はあるのですが、
やはり物が少なくてすっきりした空間はそれだけでも空気のよどみが少ないように感じます。

特に見えている床面積は広い方がすっきり感が増えるように感じます。

できる場所(狭い範囲)から少しずつ断捨離をしていくと
どんどん楽しくなってきますので、気付いたら部屋がキレイになっているのではないでしょうか。

★関連記事★
断捨離しても非常時に備えてローリングストックで食材を確保しましょう。

断捨離とミニマリストの違いとは?

断捨離をしたのに片付かない時に見直したい4つのポイント

断捨離したいけど捨てたくないものはどうする?

断捨離を成功させるために押さえておきたい3つのポイント(片付け)

断捨離したい子ども部屋!どうやって作業を進めたら良い?

断捨離しても家族があちこちに物を置くのをやめてくれない時はどうしたら良い?

コメント

タイトルとURLをコピーしました