発達障害グレーゾーンの子どもは我慢ができないの?

発達障害グレーゾーン
スポンサーリンク

発達障害を持っている人は『我慢ができない』という言葉を聞いたことがある人も多いでしょう。

そのようなイメージを持っている人は多いと思います。

学校の授業中に座っていられない子どもや
ケンカをした時にすぐに手が出てしまうなど
『発達障害』自体にそのような特性があると思われることが多いのは事実だと思っています。

我が家の子どもたちの様子を見て思ったことをまとめてみました。

個人的な見解なので医学的な根拠はありません。

スポンサーリンク

発達障害グレーゾーンの子どもは我慢ができないの?

結論としては『発達障害だから我慢ができない』ということではないと思っています。
定型発達の人だって我慢ができない人はたくさんいます。

確かに問題行動として注目されやすいのは『発達障害』の人だと思いますし、
『我慢できる範囲が狭い』という人が多いのも事実だと思っています。

我がの子どもたちの場合はというと

外から見た時には『我慢できる範囲は狭い』と思っています。

なぜ、我慢できる範囲が狭いのかというと
『できることの範囲も狭い』
からだと思っています。

一概には言えないので我が家の子どもたちの場合という前提で進めます。

子どもの周辺の同級生たちや我が家の子どもの様子を長年見てきている中で

周囲に比べて秀でている部分はありませんし、
周囲の子どもたちが簡単にできることも、頑張らないとできないことが多いです。

定型発達の子どもたちにとっては簡単にできることも
我が家の子どもたちは努力が必要なことが多いのです。

簡単にできることにも努力が必要ということは
その時点で多少なりともストレスはかかっているのです。

自分以外の同級生は難なくできることも自分は頑張らないとできないのです。

簡単に出来る時は楽しいですし、ストレスもないでしょう。

ですが、周囲に追いつこうと努力している時点でストレスはかかっています。

そうなると、発達障害グレーゾーンと診断を受けている子どもにとっては
日常生活の中でストレスがかかる範囲が広くなっています。

そしてもちそん、そこには本人の許容範囲である限界部分があります。

我慢の限界という言葉があるように
人にはそれぞれ我慢できる範囲というのがあると思います。

発達障害グレーゾーンの子どもたちだって同じように『我慢できる範囲』があります。

我慢できる範囲を超えてしまえば、もう我慢はできませんよね。

そこで感情が爆発してしまったり、暴れることもあるかもしれません。

そこだけを見てしまったら『発達障害グレーゾーンの子どもは我慢できない子』と見られてしまいます。

しかし、そこまでに至る経緯を考えたら
『発達障害グレーゾーンの子どもは我慢している』のです。

もしかしたら、定型発達の子どもたち以上に『頑張っていたり、努力して工夫している』かもしれません。

それは『簡単にできることの範囲が狭いから』ということを
実感として知っているからではないでしょうか。

『自分は人よりも努力しないと何もできない』
『何をやっても上手くできない』

そんなことを経験値として持っている子どもは多いと思います。

発達障害グレーゾーンの子どもは『自己肯定感』が低い子どもが多いと言われていますが、
その要因の一つには『できないことが多い』という部分が関係しているのではないかと思っています。

大人になってしまえば、割り切れる部分もあるかもしれませんが、
子どもの世界は意外と非情です。

何か得意なことがあれば、周囲から一目置かれることもありますし、
何も出来なければバカにされることもあります。

思ったことをストレートに言葉にしてしまう子どもたちの世界は
発達障害グレーゾーンの子にとっては厳しい世界です。

得意な事がないからバカにされていじめられるかというと
そういう訳ではありませんが、
コミュニケーション下手な子も多いため、
友だちと仲良くなるのに時間がかかる子も多いです。

そいういった意味で、学校生活は大人が思っているよりも
子どもはツラいと思っているかもしれないという可能性は考えられると思います。

言いたいことが伝わらない、上手く伝えられないというイライラから
手が出てしまうということは考えられます。

周囲から『我慢ができない』というレッテルを貼られてしまう可能性はありますが、
実際のところはただ単純に我慢ができないだけではないと思っています。

最後に

このことは私自身が子どもたちの様子を見て思った事です。

実際のところ、このことを周囲の人から理解してもらえる可能性は低いと思っています。

発達障害グレーゾーンの子どもは外では普通にみられることが多く
感情を爆発させるのは家の中でだけということも多いからです。

本人が努力しているにも関わらず、周囲からの評価は低いということは
頑張っても報われないと思うこともあるでしょう。

発達障害グレーゾーンの子どもは、親も子ども本人も周囲と比べる必要がないと思う方が
今よりももっと楽に生きられるのではないかと思っています。

何かができるからすごいという人はいますが、
それを全ての人に当てはめる必要はないのです。

人は生きているだけで価値があるのです。

★関連記事★
発達障害グレーゾーン中学生のメンタル面でのサポートは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました