ふにゃふにゃになった春巻きをパリパリに復活させる方法

家事の工夫
スポンサーリンク

揚げたてのパリパリの春巻きはとても美味しいですよね。
春巻きの皮に好きな具材を入れることができるので
野菜や肉、チーズなど味のバリエーションを楽しむことができます。

揚げ物は一気に揚げたいですし、
足りないと困るからとついつい多めに作ってしまうことありませんか?

出来立ての春巻きは皮のパリっとした食感が好きな人にはたまりません。

美味しい春巻きも時間が経つとしなっとしてしまいます。

しなしなになった春巻きはパリパリが好きな人にとっては
ちょっと残念な食感になってしまいますよね。

作ってから時間が経った春巻きを美味しく食べるために
パリパリに復活される方法を試してみました。

スポンサーリンク

ふにゃふにゃにになった春巻きをパリパリに復活させる方法

たくさん作って余った春巻きは冷蔵庫に入れるなどしますよね
次に出した時には皮がふにゃっとなっています。

ふにゃっとした皮が好きな人もいると思いますが、
パリっとした方が好きな人もたくさんいるでしょう。

私も春巻きはパリパリの皮が好きです。

ふにゃふにゃになった春巻きをパリパリに復活させて美味しく頂く方法を考えました。

電子レンジで温めなおす

一番簡単な方法ですがまずはレンジで温めてみました。

電子レンジを使って前日に作った春巻きを温めたところ、
中身はすぐにアツアツになりましたが、
皮部分はしなしなのままでした。

温めたからか更にふにゃっとなったような気すらしました。

食べることはできましたが、パリパリには程遠い食感でした。

オーブントースターで焼く

コロッケやから揚げなど他の揚げ物の場合、
電子レンジよりもオーブントースターの方がからっとなったので
オーブントースターで焼いてみました。

電子レンジよりは少し皮はパリっとしましたが、
求めていたパリパリ感はありませんでした。

フライパンで焼く

揚げたものを更に焼くというのはどうかと思いましたが、
油をひかずにフライパンでコロコロと転がしてみました。

3分ほどフライパン上でまんべんなくコロコロしてみました。

すると春巻きの皮がぱりぱりしているような見た目になりました。

水分が減ったからでしょうか。

食べてみるとパリっとした食感がかなり復活しました。

最後に

フライパンに油をひかずに春巻きをコロコロと転がしてみたのが
一番美味しく頂くことができました。

短時間で皮の水分が蒸発したようで春巻きのパリパリ感が戻っていました。

ただ、転がした時間が短かったからか中身が少しまだ冷たかったので
電子レンジで少し温めてからフライパンで転がすのが良いというのが
私の出した結論です。

たくさん作った春巻きを翌日でも美味しく食べるには
フライパンで水分を飛ばすと良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました