マンガを読むことは良くないの?面白いけれども無駄になるの?

読書のススメ
スポンサーリンク

読書と言うと活字がメインの本を読むことを指すことが多いです。

そして、漫画を読んでいると言うと
中には『マンガなんか読んでいるの?』というような
反応を示す人もいます。

マンガ=娯楽という考え方が強いからだと思われます。

漫画を読むことは良くないのでしょうか?

世界では日本のマンガやアニメはとても人気があります。
もちろんですが、日本でもかなりの人気です。

それなのに読書には入らないと言われ、
読んでも役に立たないと言われることもあります。

本当にそうでしょうか。

スポンサーリンク

マンガを読むことは良くないの?面白いけれども無駄になるの?

マンガを読むことは読書ではなく、ただの娯楽だから遊んでいるだけで
何も役に立たないと言われたことがあるという人もいると思います。

学校の読書感想文でもマンガは対象外です。

そして、本を読んでいるというと小説などを指すことがほとんどです。

マンガの場合は、『マンガを読んでいる』という表現が多いです。

子どもから大人まで人気のある作品であっても
やはり『マンガ』という少し偏った見方をされることはあります。

子どもが小さいとアニメ映画を見せることもありますし、
いろいろな作品に触れることは良いことだとされています。

ですが、子どもが大きくなってくると
本ではなく、漫画ばかり読んでいると大人は『本を読みなさい』と言うことがあります。

マンガは面白いけれども読んでも何にも役に立たないから無駄だという言葉
聞いたことがある人、多いのではないでしょうか。

そのように言われる理由はこちら。

・絵(視覚)で分かりやすいので想像力が働かない

マンガの場合、登場人物のセリフはありますが、
目で見てその状況や環境が分かりやすいですよね。

小説であれば、全て文字(文章)で書かれているため
描写が細かく想像するということが必要になってきます。

その状況を想像するというのが面白さの一つでもありますが、
マンガになると想像しなくても『絵』で表現されてしまいます。

それでは文字から情景を想像したり、物語の場所を想像するということが
必要なくなってしまいます。

その点からもマンガだと本来養ってほしい要素が養われないというデメリットが
大きいと言われてしまいます。

ですが、このデメリットは逆に言うと
マンガのメリットにもなりますよね。

文字や文章だけでは伝わりにくい描写を
絵で表現することではっきりと伝えられるということです。

目で見て分かるというのはとても効果的なんです。

個人的な意見ですが
小説を読んだ後に、その小説が原作になっているマンガがあれば読んでみます。
映像化されている作品であれば映像作品も見ます。

すると、小説で文章のみで読んでいた時と
マンガや映像を見て
『あ~。そういうことだったのか』と思う点もあります。

小説はある程度は読んでいますし、
面白い作品は繰り返し読むこともあります。

それでも脳内描写では足りない時もあります。

そんな時にマンガや映像を見ることで
新しい発見があるのです。

それはとても『面白い』と感じるポイントです。

そして漫画や映像を見た後に
更に小説を読めばまた新しい発見があったりします。

そのようにどれも作品として素晴らしい出来上がりであれば
相乗効果があると思っています。

マンガだからダメという考え方は持っていません
というよりも若干、漫画寄りですが・・・。

何も読まないのであれば『マンガ』だけは読んでいるというのは
良いのではないかと思っています。

その理由は、『新しい作品に触れる機会』を多く持っているからです。

また、文字で読むと難しくなってしまいがちな専門用語や
スポーツのルールなどもマンガで分かりやすく解説されているものも
たくさんあります。

フィクションのストーリーに沿って
解説があったりすると、分かりやすいです。

ビジネス書にもマンガを取り入れて分かりやすく説明してくれる本が増えています。

視覚効果というのもありますし、
文字にプラスして図や解説が入るため
難しい専門用語が少し分かりやすくなっています。

イラストや図を効果的に使えるのは
やはり『マンガ』の大きなメリットだと思います。

最後に

小説を読むことのメリットもよく分かります。
たまに、自分の脳内のイメージと映像化されたものが違う場合もあります。

そういう時は
自分のイメージの方が良いなぁ。
私だったらこういう演出するのになぁ。
と素人考えを膨らませながら楽しんでいます。

作品の楽しみ方がたくさんあるように
どのような媒体からでも多くの作品に触れるのは良いと思っています。

読書が苦手な人は
マンガを読んでみるのも良いと思います。

★関連記事★
読書のススメ!子どもを本好きにする方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました