神社巡りにはたくさんの楽しみ方があります

神社巡り
スポンサーリンク

神社巡りをしている人の多くは
参拝する以外にも楽しみを持っています。

神社巡りの楽しみ方をたくさん持っていると
いろいろな神社に行くのが楽しくなってきます。

神社によって祀られている神様も違いますし、社殿の造りも違います。

神様が違うということはやはり神社の雰囲気も違ってきます。

神社巡りの楽しみ方は人それぞれですが、
自分なりに神社巡りの楽しみ方を見つけてみるともっと楽しくなりますね。

チェック→→→神社巡りを始めるならどんなことを知っておいた方が良い?

スポンサーリンク

神社巡りにはたくさんの楽しみ方があります

パワースポットとして神社巡りをしている人もいますし、
もっと他のことを目的としてたくさんの神社に参拝している人もいます。

自分なりの神社巡りの楽しみ方を見つけてみると
もっと楽しくなることでしょう。

楽しみ方をご紹介します。

ご朱印

神社には御朱印(ごしゅいん)というものがあります。
それぞれの神社の印のようなものです。

御朱印は300円前後で社務所などで頂くことができます。

御朱印帳に直接書いて頂くことができますが、
誰でもが御朱印を書いてくれる訳ではないので時間がかかる場合もあります。

たくさんの神社で御朱印をもらいたい人は
このような御朱印帳を持って行くと良いでしょう。

もし御朱印帳を持って行くのを忘れてしまった場合は
紙で頂くこともできます。

御朱印を頂く場合は、必ず参拝してから社務所に行きましょう。
参拝した証ですのでご朱印だけもらって参拝しないというのは失礼にあたります。

また、お寺でも同じように御朱印をもらうことができますが、
その際は神社とは別の御朱印帳を持って行くことをおすすめします。

神社用と寺用に分けておくと失礼になりません。

ただ、御朱印をいただくことだけが目的になって
スタンプラリーみたいに考えるのであれば、御朱印帳は
持たない方が良いかもしれませんね。

個人の感覚に合わせて御朱印を頂くのが良いでしょう。

気に入った神社の御朱印のみを頂いて部屋に飾るのも良いですね。

歴史や建物

神社は古くからありますので、歴史を知ることができます。
古事記などには古くからいらっしゃる神様のお話や歴史も掲載されています。

歴史を学ぶことで日本という国を知ることができます。

また、神社は同じ様式ばかりではありません。

建物の建築様式も様々です。

伊勢神宮のように式年遷宮がある神社もありますので
何度行っても楽しむことが出来ます。

参拝する時には事前にどのようなお祭神が祭られているとか
どういった経緯で作られたとか勉強していくと更に楽しめるのではないでしょうか。

リフレッシュ

神社は鳥居をくぐったら神域になります。
そのため、鳥居の外と中では空気が違っています。

その空気感は神社によって違います。

神様の性格によって違うのかもしれません。

とても清々しい気持ちになれるという人が多いので
神社でゆっくりと過ごすと気持ちもリフレッシュすることができます。

神社はお願いごとや初詣以外でもいつでも行って良い場所です。

神様に挨拶だけしてゆっくりと過ごしても良いんです。

誰が来ても受け入れてくれる場所です。

体力作り

神社は神様がいらっしゃる場所ということですが、
山の上や山自体がご神体という神社もたくさんあります。

山岳系の神様がいらっしゃる神社の場合は登山していかなければならない
こともあります。

境内の中に長い階段がある神社もありますので
いろいろな神社に参拝しようと思ったらそれなりに体力が必要になります。

歩く距離も長くなる場所もあります。

ただ体力作りというと目的がないとなかなか続きませんが、
たくさん神社巡りをしようという目的があれば
体力をつけるにも張り合いがでます。

行事やイベント

神社では初詣以外にも行事やイベントがたくさんあります。

意外と1年中行事があるものです。

行ってみると分かると思いますが、
行事が実施される時はたくさんの人が参拝にも来られています。

そのような祭事に参加するのも楽しみの一つです。

また、桜や紅葉の時期にはライトアップをする神社も増えています。

神社は夜の参拝は控えるべきですが、
このように神社が行うイベントの時は参加しても大丈夫でしょう。

神社にもHPもあるところがありますので
年間行事などもチェックしてみると面白いでしょう。

周辺散策

大きな神社がある場所は周辺にお店が立ち並んでいるところもあります。
参拝した時は、周辺も散策してみると楽しいでしょう。

お寺も同じですが、神社に参拝した時は
周辺でご飯を頂いたり、お土産を買って帰るのも良いでしょう。

また、近くにも神社などがある場合もありますので
参拝する神社を決めたら周辺散策する時間も含めて
日程を決めると良いでしょう。

本を読んでみる

神社に関する本がたくさん出版されています。
おススメの神社や神様の話を書いている人もいます。

神社巡りをする時は文庫本サイズで持ち歩ける本を何冊か持っておくと
下調べにもなりますし、魅力や観ておいた方が良い場所などが分かります。

バッグに入れても嵩張らない文庫サイズがおススメです。
桜井識子さんはブログも書いています。
とても丁寧な文章で読みやすいのでブログもご著書も読んでみると良いです。

この方は神様のお姿を視たり、会話をすることができるそうです。

最後に

神社巡りは楽しみ方がたくさんありますので自分なりの楽しみ方を
見つけてみると参拝だけでない楽しさも見つけることができます。

短期間で極めることができない神社巡りは
何年もかけて楽しむことができます。

趣味としても幅広い年代の人に人気があります。
遠くに行くのが難しいという人は自分が動ける範囲で参拝してみると良いでしょう。

★関連記事★
神社参拝。神様からの歓迎のサインはどんなものがある?

神社巡りの楽しみの一つ。御朱印集めはマナーを守って頂きましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました